スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

第八回現役生大会を振り返る

はじめに。下のほうのエントリでアンケート云々の話をしましたが、
それほど喫緊の話題でもないというのと
母集団が小さすぎるのでしばらく宙ぶらりんにしておきます。
個人企画が近づいたらやります。
ご意見いただいた両名には感謝いたします。


さて、去る2月20日、クイ研の現役生大会のスタッフを務めました。
前回から学部生大会になったとか言われてますけれど
時代の流れなのでそんなことはどうでもいいです。

僕は何をやったかといえば
スタッフサイドで最も例会に顔を出していないにも関わらず
しゃしゃり出てmixiで非公開コミュニティ作ったり
(草の2009年11月企画に倣ったものです。
個人名おもいっきり出ているので全体公開はしません)
問題の並べ替えとかやってました。

【感じたこと】
・共同企画の問題文って「採用」「ボツ」の二択しかないんでしょうか?
部分的に手直しして改善されるor他の問題とのジャンル被りが軽減されるなら
積極的にパッチを当てていくべきだと思うのです。
このことによる問題点は問題文の作成者があいまいになることだと思うのですが、
解答者側から見れば誰が問題を作ったかよりも
どのような問題(群)が提示されるかの方が重要ではないでしょうか。
クイズの問題文は研究発表などとは違い、
(知名度に関わらず)既存の情報の組み合わせに過ぎません。
その意味でヒップホップにおけるサンプリングに近いものがあります。
この場合作曲者のクレジットに複数名が並ぶことは
決して珍しいことではないんですよね。
だからまあ何というか、生かしようのある問題が
ボツ扱いになるのが非常にもったいないなと思ったわけです。

・「過ぎません」と書いた上でこんなことを書くのは正直気が引けるのですが、
僕は、問題文は「作品」だと思っていますし、そこに「個性」を認めています。
ですから、問題を作成している際に、
どういったサークルの、どういった形式で出題するのが望ましいか
ということは(それほど強固ではないにせよある程度は)考えます。
だから問題文ってのは完成形に至るまでに「歴史」があるはずなんですよね。
例えば、ネットにせよ本にせよ新聞・テレビといったメディアにせよ、
情報の起点はどっかにあって、
その特定の「情報源」がよっぽど有名じゃない限り
それだけで正解者が出るのって期待できないじゃないですか。
だから情報が正しいのかというのはもちろん、その情報の周辺知識も集めて、
実際に形にするには削ぎ落とすものがどうしても出てきます。
そこらへんのさじ加減一つで正解者ってがらりと変わりかねないわけで、
その「形」を提示した以上
これだけの人が正解するだろう、だからここに置くのがふさわしいだろう、
というラインは見えてるはずなんですよね。
だからもうちょっとそういうリクエストが欲しかったな、と。
僕がどういう並べ方するのか見たかったのかもしれませんが、
それだったら正直もう少し時間が欲しかったです。

・パソコン持っていきました。
機能として使ったのは予選点の合算と問い読み補助・簡易記録ぐらいでした。
後者は大人数でやったからできたことで、正直紙の方がいいと思います。
予選点計算だったら今後も使えるメドがついたので
いい練習になりました。
コース別の配分はまだできそうにないですのでたぶん今後ともやりません。

スポンサーサイト

2010.03.04 | | Comments(1) | Trackback(0) | 参加企画

コメント

変わり者(;^_^A

変わってるって言われるけどわりといい人だよ(笑)!!お笑い好きな人だったら話盛り上がりそうだねO(≧▽≦)O 色んなことに興味深々でおっちょこちょいだからそばで支えてくれる人募集中σ(゚-^*)自分の年齢的に年下の男の子はアウトだからごめんね(*_ _)人 u-3-ummm52@docomo.ne.jp

2010-03-26 金 22:38:17 | URL | ゆうき #TacbQb3U [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。