スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

本年は大変お世話になりました。

また来年もよろしくお願いします。

以前書いた北大Q研の活動場所の話ですが、
アカシアが料金つきで存続する見込み(http://www.city.sapporo.jp/kyoiku/youth/pr/data/newsletter8.pdf)※pdfで開きます
なので大丈夫なんじゃないでしょうか。

構成員の2/3以上が34歳以下なら格安で使えるぽいですが、明確な会員を設けるのが困難な社会人サークルじゃ無理っすね。

社会人サークルの区民センター以外の代替案として、札幌市社会福祉総合センター(東西線西18丁目駅すぐ)も発見しましたのでお知らせします。
http://www.sapporo-shakyo.or.jp/aboutus/center
http://www.city.sapporo.jp/reiki/reiki_honbun/word/203350011.doc(利用料金表のwordファイルです)


あとは…何人かの方には構想を話しているのですが、
北大Q研と愛好会の開催曜日を重ねるのもそう遠くない将来考えてもいいのではないでしょうか。
岡山大Q研とももたろうくらぶがそういう関係性を保っていたらしいので…。
今の北大Q研はギラヴァンツが加入する来季のJ2同様、人が増えた分一人当たりの企画遂行回数は減っています。
両方に参加している人では週末2日潰れる週がある一方、全くのフリー週があるのも事実です。
それだったら完全に週末のどちらか一方にクイズ例会のある曜日を設ける方がいいのではないかと考えました。

もちろんこれは私一人の独断でどうにかなるものでもありませんので一つの案としてここに上げさせて頂きました。

もしこれが現実に採用された場合、草と北大Q研の例会日程に被りが出てしまいますが、現状北大現役生で草に定期的に顔を出している人がいないのでその点については目を瞑りました。
もちろん社会人の方の中にも土曜の方が都合がいいという方もいらっしゃるでしょうから今日明日にどうにかしようという話ではありません。
もし意見などございましたら忌憚なくお願いします。


僕自身は、「その時点でわからなくても以後ためになる(問題作成についても実生活においても)」ような問題が好きなので、そういった企画が多かった今年は非常に楽しかったです。
今年の5月企画も、自分自身天文系を不得手としていただけに挑戦の企画でした。本当はもっと専門的な方がやるべき企画だったのかもしれませんが、未知の領域に手を出すのもクイズの醍醐味なので踏み切りました。「世界史杯」なんざ絶対にできませんが。
来年は各サークルで一度ずつやるために準備中です。やる際にはこちらで大々的に宣伝しますので宜しくお願いします。

最後に、愛好会でタッグを組んでいただいたほっしーさん、先日送っていただいたありーたさん、問題集を買ってきていただいたまたんごさん、オペラオーさん、今年企画を行った皆様、ありがとうございました。

皆々様、よいお年を。

スポンサーサイト

2009.12.31 | | Comments(6) | Trackback(0) | 未分類

パーオブ46人ですか…

時期や団体戦の有無等もあるので一概には言えませんが長文スキーとしては寂しい数字ですね。って出場資格もなく唯一の機会だった2005年マンオブも行かなかった(行っていても予選落ち)僕が言っても何の説得力もありませんが。


お会いしたことのない方がほとんどですがスタッフの皆様、お疲れ様でした。

…どなたか問題集売ってください(主にオペラオー氏に向けて)。


さて、今複数の企画を並行して練っています。そのほとんどは来秋以降のお披露目になると思いますが、どういう企画がニーズがあるのか未だに見えてきません。

僕は問題にしても形式にしても新しい切り口を追求しているような企画が好きなので、自分が企画者側に回ったときも何か「癖のある」「実験的な」ものをやらないと気が済まない節があります。

ただ実験的なことを推し進めるあまり自己満足で終わったり、(意図的であるにせよそうでないにせよ)ゲームバランスを崩すのが果たしていい企画といえるのか、とも考えています。

…なんでこんなこと言い出したかというと、企画やるからには出来る限り多くの人の前でやりたいですし、その参加していただいた人たちに、(「最大多数の最大幸福」というとマイノリティの切捨てっぽく聞こえかねないので)「出来る限り満足していただきたい」という限界に挑戦したいんですよね。それでも個人で出来ることは限りがあるのですが…。

というのも自身の初企画である「トリキング」(2005、草)の24人が参加していただいた人数としてはいまだに過去最高なんですよね。あの拙すぎる企画がキャリアハイってのもアレなので多くの方を引きつけるものをどうこしらえようかと練り練りしています。ただ問題制作ペースがひところより格段に落ちているのが一番の問題かもしれません。

2009.12.07 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。