スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

不定期連載・企画制作(1)「コンセプトの是非」

クイズ歴たかだか8年の若僧が論的な話をWeb上に載せるのは気が引けるのですが、それ以上のベテランの方々は言葉の一つ一つに重みがあるので却って言いにくいのではないかと思い、潜越ながら企画制作にあたって考えていることを書きます。主に大学サークルの若手向けに。多分読んでないだろうけど。

コンセプトは隠れ蓑に成り得る

絶滅の危機に瀕している企画統一コンセプトですが、使いようによっては強力な武器に成り得ると考えています。
この話で念頭に置いているのは火曜の複数名で行う企画なのですが、僕はこれを土曜(個人)企画への練習・実験的なものとして受けとめているので、企画案はなるべく多くの人(特に下級生)の意見を集約するや良し、との立場を堅持しています。
そのためには班会議に時間を裂くのが望ましいのですが、人数が増えた昨今ではなかなか時間を合わせられないのが現状です。
なので必然的に「○○日までに企画を考えてきてー」となるのですが、四六時中企画を考えている自分のような暇人ならいざ知らず0から企画形式をこしらえるのって難しいんですよね。
だったら「今回はこういったコンセプトに沿ってやるのでこれを活かせるような形式を考えてきて」といった1や2からの形式作成のほうがまだやり易いのかな、と思っています。

問題/形式の偏りをごまかせる点も大きいです。
これまで自分が打ってきたサークル内での個人企画は、緩めのも含みますがほとんど何らかのコンセプトで縛っていました(明確に「無かった」と言えるのは土曜5thくらい)。
というのも僕が作る問題は偏りが酷く、それを追及されるのを避けるため、あらかじめ「今回はこういうコンセプトです。だからこのラインに沿ってやります」ぐらいのスタンスでやりゃ良いや、というある種の開き直りが根底にあります。
班企画ですと問題はほぼ必然的にばらける方向に向かいますが、企画形式のバランスが崩れがちになるのでその補正としてコンセプトを設定することは有効な気がします。
勿論毎回やるようなことでも義務的なものでもないですし、以前「コンセプトなんていらねえよ」という企画シリーズをぶち上げた張本人なのであまり大きなことは言えませんが、コンセプトの存在そのものが若手に浸透していない現状を踏まえての提言です。

スポンサーサイト

2008.10.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

クリス・ペプラーを「ペプラー」と解答するのは是か非か

2008年のノーベル賞は、物理学賞が
南部 陽一郎
小林 誠
益川 敏英
の各氏に、化学賞が
下村 脩(おさむ)
マーチン シャルフィエ
ロジャー Y チェン
の各氏に授与されることとなりました。おめでとうございます。
GFPはウチの研究室でもお世話になっているので今晩はその話題になってました。


ところで、一部のブログ等で既に指摘されていますが、日本の新聞各社は物理学賞を「日本人3名同時受賞」と報じていますが、ロイター等海外の報道では70年に米国籍を取得した南部先生を「アメリカ人」として紹介しています。
要するに日本出身であるとはいえアメリカ国籍の人を日本人というカテゴリに入れるのはいかがなものかと。
別に国粋主義者とかそういうイチャモンつけたいわけじゃないんですけど、クイズ的にこの差はどうなんかなー、と思ったりしちゃったりするわけですよ。

クイズ界の暗黙の了解(そして新歓/学祭で説明にいささか苦慮するもの)として「日本人・中国人・韓国人(まれに北朝鮮人)はフルネームで解答すること」というルールがたいていの場合敷かれています。これの変則として「漢字文化圏の人」というくくりもありますが。

だから近い将来、
「…1978年に文化勲章を受章している日本生まれのアメリカの物理学者で、『自/発的…」
「ナンブ!」(敬称略m(_ _)m)
が許されるかどうかですよね。

藤田哲也や井上怜奈の例からいって多分フルネームを要求される方向に収斂するのでしょうけれど、表題のクリス・ペプラー(日系アメリカ人)は「ペプラー」でも許される気が(個人的には)します。

何かモヤモヤしているので「漢字文化圏出身の、氏名を漢字表記できる人はフルネーム」ということにしたら解決じゃないでしょうか?これなら例えマーラ・ヤマウチ(イギリス人・日本人の夫)も「ヤマウチ」で済みますし…ああ、でもそしたら「加藤ローサ」や「ヌルハチ(漢字表記アリ)」が救われない。

どなたかここらへんの線引きについてご教示ください。

というか影響が大きいのは多答(特に山の手系)ですかね。僕は基本的に解答用件が二重以上ある場合に生じうるグレーゾーン(例えば「ヨーロッパの○○」という問題におけるロシアとトルコの扱い)は極力問題開始段階で説明・羅列の上解答群から排除するようにしているのですが、今後日本人ノーベル賞受賞者を問う問題は「日本出身」にしたほうがいいのかしらなどと思っています。



2008.10.09 | | Comments(4) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。